自毛植毛の注意点|親和クリニックで植毛や増毛体験!頭皮ケアはフィンペシア通販で

自毛植毛の注意点

メンズ

総数は変わらない

大阪で流行している薄毛治療の一つが自毛植毛です。自毛植毛は側頭部や後頭部の毛髪を、髪の毛が薄くなっている部分に移植する治療方法として知られています。しかし、基本的に髪の毛そのものの量が増えるわけではないのです。元々ある頭髪を分配することによって、薄毛をカバーする治療だということを理解しておきましょう。

傷が残る

自毛植毛治療で利用される側頭部や後頭部の毛はドナーと呼ばれます。その中でも、後頭部のドナーを採取する場合、傷が残ってしまうことがあるのです。一般的に1ミリから2ミリ程の傷ができるでしょう。しかし、この傷自体は目立つものではありません。極端な短髪にしなければ、周囲の人が気付くこともないでしょう。ですが、傷が残ることは、頭に入れておくようにします。

時間が必要

移植したドナーの成長には時間を要することが多いでしょう。基本的に5ヶ月くらいの時間がかかってしまいます。髪の毛を好みにいじれるようになるのは、植毛してから1年程経った時でしょう。ですが、時間が経てば明確な効果を実感することができるということでもあります。時間を要する分、大きな効果を得ることができるのです。

ドナーに限りがある

一般的に無限に髪の毛を移植することができるように感じてしまうのが、植毛の特徴と言えるでしょう。ですが、ドナーにも限りがあるのです。ほとんどの場合、移植ができる回数は4回から6回程でしょう。さらに、薄毛の進行具合によって採取できるドナーの数も変わってきます。薄毛を早期発見することで、採取できるドナーも多くなるでしょう。

広告募集中