頭皮を傷付けない治療方法|親和クリニックで植毛や増毛体験!頭皮ケアはフィンペシア通販で

頭皮を傷付けない治療方法

頭

人工毛髪を編み込む

増毛治療の方法としてポピュラーなので、人工毛髪を編み込む方法です。頭皮に人工毛髪を植え付けるわけではないので、直接ダメージを与えることはありません。頭皮を傷つける心配はないのです。基本的に感染症などのリスクも減らすことができるでしょう。頭皮をいたわりながら、髪の毛を増やすことができます。

増やし方も自由

基本的に元々ある頭髪に人工毛髪を編み込む治療方法だと、髪の毛の増やし方も自由自在です。頭皮にダメージを与えることなく、毛量をコントロールすることができるでしょう。少しずつ自然に増やすことも可能です。また、一気に増やすこともできるでしょう。シャンプーなどで抜け落ちることもありません。

薄くなる箇所リスト

  • 生え際
  • 頭頂部

対策する

頭皮にダメージを与えてしまうと、薄毛になるリスクが高まってしまいます。頭皮にダメージを与えてしまう原因を探っていきましょう。どのように対策すれば良いのか、分かるようになります。

頭皮へのダメージ【内的な原因】

ストレス

ストレスによる頭皮へのダメージは非常に大きなものになります。薄毛の原因として、とても有名なのです。基本的にストレスは受け流すことが大切でしょう。ストレスが生じた場合、受け流すように意識するのです。すぐに気持ちを切り替えていきましょう。そうすることでストレスが蓄積しなくなります。ストレスを感じてもすぐに忘れて、あまり考えないようにするのがベストです。

睡眠不足

基本的に睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌量が少なくなると言われています。頭皮へのダメージも大きくなってしまうでしょう。一般的に成長ホルモンは午後22時から午前2時の間に分泌されると考えられています。できるだけ、午後22時までには眠りにつくようにしましょう。日中に日光を浴びるのも大切です。成長ホルモンの分泌を促すことができるでしょう。

栄養素の不足

栄養素が不足すると、頭髪にダメージを与えてしまいます。毛根の成長に必要な栄養素が不足してしまうので、薄毛がより進行してしまうのです。ビタミン類やミネラルを意識して摂取するように心掛けてみましょう。このような栄養素が不足してしまうと、頭皮の環境は悪化してしまうだけなのです。また、食事は3食しっかりと取るようにしましょう。

血行が悪い

血行が悪いと、毛根に栄養を届けることができなくなってしまいます。髪の毛が十分に成長できなくなり、抜け毛が増えるのです。基本的に運動不足などが原因となり血行不良に陥ります。軽い運動や、マッサージを行なうようにしましょう。軽い運動としては、ウォーキングなどから始めるのがおすすめです。無理のない範囲で運動を取り入れていきましょう。

広告募集中